Bacanora

本日はアガベスピリッツの一つ、「バカノラ」のご紹介です。
現在、原産地呼称が決まっているアガベスピリッツはテキーラ、メスカル、ソトル、そしてこのバカノラがあります。
バカノラはソノラ州で作られており、原料となるアガヴェは「Agave Pacifica」という品種が主です。その他にも「Agave palmeri」など数種使用されています。
製法はメスカルとほぼ同じで味わいもスモーキーでメスカルに近いバカノラですが、バカノラは20数年前までは非合法のお酒とされていました。なぜ違法とされていたのかについては明らかではありませんが、1992年に合法化されるまでは密造が行なわれていて、ソノラ州独自のアガベスピリッツとしてひそかな人気を集めていたちょっと危険な香りがするお酒です。

当店が今回入手できたのは「PASCOLA」というバカノラです。
PASCOLAとはネイティブアメリカンの文化でマスクを付けたダンサーとそれを語り継ぐものという意味のようです。

そして現在当店にはテキーラ、メスカル、ソトル、そしてこのバカノラとアガベスピリッツが揃っています。この4種を飲み比べてみてもおもしろいのではないでしょうか?

Today we would like to introduce an agave spirit called “bacanora” to you.
At present the agave spirits that are defined according to the place of origin are: tequila, mezcal, sotol and bacanora.
Bacanora is produced in the state of Sonora, and its main raw material is a species called “Agave Pacifica”. Besides, several other species such as Agave Palmeri are also used.
Although similar to mezcal in terms of the production method and the smoky taste, bacanora was illegal liquor until some 20 years ago. With the reason why it was illegal being unclear, bacanora was bootlegged until legalized in 1992 and is liquor that has won some popularity as an agave spirit native to the state of Sonora and that somewhat gives an impression of danger.

The one our bar has managed to obtain this time is a bacanora called “Pascola”. Pascola refers to a masked dancer and storyteller in some Native American cultures.

Now our bar has all agave spirits, namely tequila, mezcal, sotol and bacanora. How about drinking these four kinds, making comparisons?

IMG_2188

IMG_2189