フリーダ・カーロ

こんばんは。
本日は店内にある一つの絵にフォーカスしてみましょう。
こちらの絵は「情熱の画家」と呼ばれたフリーダ・カーロによる自画像。
フリーダはメキシコを代表する画家で、200点を越える作品を世に残しましたが、そのほとんどが自画像です。
ユダヤ人の父とメキシコ先住民の母の間に生まれ、波乱万丈の人生を送った彼女の心の内面、心情を自画像に込めて描いたと言われています。
そこには孤独、痛み、苦しみ、夢、希望などが生々しく刻み込まれています。
そんな彼女の「想い」を見ながら飲むテキーラはまたいつもと違った味わいになるのでは。
彼女の事をもっと知りたい方は是非映画「フリーダ」をご覧ください。
今宵はフリーダ・カーロにSalud.

鶴巻

pickerimage (53)