PORFIDIO Juniper Tree Gin

PORFIDIO Juniper Tree Gin
(ポルフィディオ ジュニパーツリー ジン)

アガベスピリッツで有名なポルフィディオからジンが新入荷!

多くのジンはグレーンスピリッツをベースとしていますが、こちらはジンには欠かせないジュニパーベリーそのものを発酵させ、単式蒸留器で2回蒸留しています。

ボタニカルにはアガヴェの花、ウチワサボテンの花、ドラゴンフルーツの花を使用。

加水にはブルーアガヴェの茎から絞ったアガベジュースを加えて79%から47%まで度数を調整しています。

さらに樽熟成も行っており、ドイツ産の栗の木の新樽で5年熟成。
栗の木は独特な香りとクセがありますが、フレッシュのジュニパーベリーやボタニカルに使用した花とのフルーティな味わいが重なり上品な香りと味に仕上がっています!

甘く飲みやすい*オールド・トム・ジンとなっているのでストレートやロックスタイルで飲むのがお勧めです。

*オールド・トム・ジン→18世紀のイングランドで人気が高かったジンの1つ。現代では廃れており、希少なものとなっています。
ドライ・ジンが作られる以前に雑味を抑える為、砂糖などを加えたジン。

ポルフィディオらしい斬新なアイデアが詰まった1本になっています!是非ご賞味ください!

高橋

PORFIDIO Juniper Tree Gin

The beloved maker of the Agave Spirits, PORFIDIO has released their own Gin.

Most gins are based on grains but this masterpiece uses the juniper berries, most essential to gin making as botanical, as the main ingredient. Fermented them, double distilled in a single still.

Then as for botanicals, they’ve selected, flowers from Agave, cactus and even dragon fruit.

After distillation, the liquid extracted from the Agave plant is added to reduce the alcohol percentage from 79 to 47.

On top of that, the spirit is aged for 5 years in chestnut barrels from Germany. Chestnut tends to give a very distinctive flavor and aroma to spirits but in this case the fresh flavor of the Junior Berries along with the flowers used as botanicals does the trick.

A sweet and smooth gin, the classic Old Tom Gin style, recommended straight up or on the rocks.

Old Tom Gin is, by the way, a style of gin popular in 18th century England. In order to disguise the rough taste of the gin prior to dry gins, sugar etc. were added. Not so common these days and not easy to find.

This Spirit is full of innovative ideas, probably only PORFIDIO could have come up with. So please come and try it out.

Takuya Takahashi

#porfidio #gin #oldtom #junipertree